HOME >アパートローン

アパートローン


オリックス銀行のアパートローンは、個人投資家に優しい商品です。

個人投資家が、不動産投資を行うことが増えていますが、アパート1棟を経営するとなると「現金で買う」ということは、まず不可能です。

金融機関から融資を受けることになるのですが、現在のアパートローンは個人投資家にとって「審査が厳しい」という状況が続いています。

メガバンク・都市銀行では、自己資金として購入予定物件の20%~30%を用意することが求められ、地方銀行・信用金庫では、もう少し自己資金が少なくても、融資可と審査結果が出ることもあります。

そこで、目を向けてみたいのが信託銀行の商品です。

借入可能な金額は1,000万円以上、2億円以内とされており、原則として、建築価格または購入価格の範囲内とされています。

実は、若い個人投資家にとって注意が必要なのは「同一勤務先に3年以上勤務(自営業の場合、営業開始後3年以上経過)」という規定についてです。

不動産投資を決断する人というのは「思い切り」が良い性格で、自身のステップアップを求めて、転職を経験している方も多いものと思われます。

そのため、「勤続年数」の要件をクリアしていることを、確認してから審査に申し込むと良いでしょう。

NEXT→ | セカンドハウスローン