HOME >投資用セカンドハウスローン

投資用セカンドハウスローン

投資用セカンドハウスローンは「ご自身が所有する不動産を、賃貸住宅としたい」場合に、「居住用賃貸住宅の新築、購入(中古住宅を含む)」「増改築 マンションの購入(中古マンションを含む)」「居住用賃貸住宅用土地の購入(建築計画がある場合)」「これらの借りかえ資金」として、資金を調達することができる商品です。

借り入れができる金額は500万円以上2億円以内で、建築価格または購入価格の範囲内で、オリックス銀行が評価した額の範囲内と決まっています。

メガバンク・都市銀行から借り入れるのと違って、個人投資家でも借り入れがしやすいのが、信託銀行なのでうすが、この商品は「首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川の各都県)」「近畿圏(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山の各府県)」「名古屋市」「福岡市」などの都市圏に、対象物件が存在する場合にしか利用ができません。

都市部で長く住んできた人が、高齢になるにつれて「田舎で暮らしたい」と考えるケースがあります。

その場合に「都市部の家を保有したまま、賃貸物件として他人に貸したい。しかし住宅ローンが残っている」というようなケースでは、オリックス銀行のセカンドハウスローン(住宅ローン)と、投資用セカンドハウスローンを併用することで、効率よく資金を準備する、ということも可能です。

NEXT→ | 不動産投資ローン